日勤専属の仕事探し

一般的な会社員に多い日中の時間帯だけ働く所謂日勤専属は職種の選択肢などメリットがたくさんある反面、デメリットになる点もいくつかあります。ここから紹介するのは日勤専属ならではの特徴や仕事探しのコツについてです。

日勤専属のメリット

日勤は多くの場合、午前8時から午後5時までの勤務時間を意味します。多少の違いはありますが、早朝や深夜の時間帯は含まれません。日勤専属の働き方は様々なメリットがありますが、もっとも大きなメリットとし…

日勤専属のデメリット

日勤専属のデメリットとして収入の少なさが挙げられます。同じ仕事内容でも夜勤を含む就労形態より収入が少なくなってしまうのです。法律では深夜割増賃金が定められていますが、これは仕事内容を問わず午後10…

日勤専属の仕事探しの見極め方

定時に仕事を終えたい人は残業の有無に注目しよう

日勤専属の仕事は、体力的な理由で夜勤や早番の担当をするのが難しい人や、プライベートの時間を確保したい人の間で人気があります。特に、毎日定時に仕事を終えたい人は、仕事探しをする際に興味のある企業の求人情報を参考にしながら、残業の有無についてよく調べておくことが大切です。一般的に、運送や物流、飲食といった人手が不足しがちな業界の企業は、日勤専属の社員として働く場合でも長時間の残業を任されたり、シーズンによっては休日出勤をしなければならなくなったりする場合もあります。そこで、日勤専属にこだわって仕事選びをしたい時は、フルタイムばかりでなく契約社員や派遣社員など様々な雇用形態の求人票に目を通してみるのもおすすめです。

高収入を希望するならキャリアや資格が役立つ職場を選ぼう

日勤専属の仕事は、夜勤有の仕事と比べると高額な手当が支給される機会が少なく、年収がそれほど高くない職場も珍しくありません。そのため、日勤専属の仕事を長期にわたり続けたい人は、自分のキャリアや資格が役立つ職場を選択するのがおすすめです。たとえば、医療福祉やIT、美容などの業界では、実務経験が豊富な人や、即戦力と成り得る資格を持っている人を対象に、基本給や資格手当の金額をアップしている企業が多く見られます。また、日勤専属で働きながら専門的な業務の経験を積んだり、社会的に高く評価されている資格を取ったりした場合には、さらに好条件で働けるケースもあるため、妥協せずに将来性のある職場を見つけることが重要となります。

夜勤専属の仕事探し

日暮れから明け方まで仕事をする夜勤専属という働き方は、肉体的な負担などのデメリットだけでなく手当による収入増などのメリットもあります。今回紹介するのは夜勤専属の仕事探しのコツや夜ならではの魅力についてです。

夜勤専属のメリット

夜勤専属の業務はいろいろありますが、共通しているのは給与面が高額であることです。日中専属の仕事よりも高めの給料になっている会社が多いでしょう。夜中に働くことで体に負担がかかる分、給与面の待遇を良く…

夜勤専属のデメリット

夜勤専属の仕事は、基本給や手当が高めになっているものが多くありますが、仕事内容や人員配置によっては体力の負担が大きくなりやすいという問題もあります。特に、製造業など立ち仕事や重労働がメインとなる現…

夜勤専属の仕事探しの見極め方

夜勤専属の仕事は、日勤と比べて体力や精神力が必要となりますが、待遇が良い求人が多く、給料にこだわって職場を決めたい人にとって大きな魅力があります。そこで、高収入を狙いたい人は、一回あたりの夜勤手当…