日勤専属のメリット

生活サイクルが安定しやすい

日勤は多くの場合、午前8時から午後5時までの勤務時間を意味します。多少の違いはありますが、早朝や深夜の時間帯は含まれません。日勤専属の働き方は様々なメリットがありますが、もっとも大きなメリットとして生活サイクルの安定が挙げられます。人は昼行性の生き物なので、夜勤が続くとどうしても体調不良に陥ってしまいます。昼間に就寝しても疲労やストレスを完全に解消するのは困難です。その点、日勤専属なら夜勤に就くことはないので生活サイクルは変化せず、体調不良などの不具合に見舞われるリスクは非常に少ないと言えるでしょう。夜勤手当が支給されない分、金銭的なメリットは少ないのも事実ですが、心身の健康を良好に維持できるのは魅力的です。

親族や友人との付き合いに影響しない

夜勤の人が抱く悩みのひとつに親族や友人との関係があります。日勤の人と接する機会が減るため、次第に付き合いが少なくなってしまうのです。その点、日勤専属なら他の人と生活サイクルがほとんど変わらないので予定を調整しやすく、関係が疎遠になるおそれはありません。特に休日は他の人と一緒に過ごすことができるので、プライベートが充実すると言えるでしょう。就寝時間がほぼ同じなのでわざわざ確認する手間がかかりません。生活サイクルが異なると娯楽や流行などの情報が入りにくくなり、話が合わないという事態に陥る可能性は否定できません。日勤専属なら外部からの情報を容易に入手できることから、話題を振られても返答に困ることはほぼあり得ないと言えるでしょう。

工場の求人は、組み立てや塗装など体力を要する立ち仕事ばかりでなく、ピッキングや収納などの軽作業まで色々あります。