夜勤専属のメリット

給与額が日勤よりも高め

夜勤専属の業務はいろいろありますが、共通しているのは給与面が高額であることです。日中専属の仕事よりも高めの給料になっている会社が多いでしょう。夜中に働くことで体に負担がかかる分、給与面の待遇を良くして賄おうとする傾向があります。労働基準法では、22時から5時までの時給を高く設定することが義務付けられているのです。一般的には、日勤専属業務の25%増の給与額になります。さらに夜勤で特殊な仕事をする場合には、その部署の特別手当などがもらえる所もあります。それゆえに高給の仕事に就きたい人や、何かの目標があって短期にがっつり稼ぐ必要がある場合には、夜勤専属の仕事を探すと良いでしょう。医療関係や介護職、工場勤務などでも夜勤を選べば給与は高くなります。

日中に予定を入れることができる

夜勤で夜中に働いて朝に帰宅すると、日中のスケジュールは自由です。勿論疲れているので、帰宅後に寝る人も多いでしょう。しかし昼に起きればその後は時間が空いています。買い物に行ったりデートをしたり、趣味に打ち込むなど好きなように過ごすことができるのです。夜勤専属は、日中の時間を有意義に活用できる点も大きな魅力と言えるでしょう。特に多趣味は人は、時間がいくらあっても足りないものです。夜勤で夜中に稼いで、昼間は仮眠を取りながらも趣味の時間に費やせば非常に充実した日々になります。例えば子供がいるパパも、日中が空いているので子供の運動会や行事に出向くことができるのもメリットですね。家庭との両立もしやすいのではないでしょうか。

ワールドインテックの募集サイトでは、短期や女性限定など、色々な利用者のニーズに合った条件設定ができるので便利です。